仕事を辞めたい 新入社員

仕事を辞めたい入社3ヶ月の新入社員の私が悩みを解決した方法

仕事を辞めたいと思ったものの、まだ入社してたったの3ヶ月だから、と苦しい思いをしていませんか?3ヶ月というとまだ研修期間だったり、まだ仕事のほんの一部しか覚えられていない時期だと思います。

 

そんな状況なので辞めることを考える自分が情けない、とかついていけないとか思う人もいると思います。実際には3ヶ月とはいえ転職を考えるという人も少なくありません。

 

転職や退職を考えるよくあるパターンとして3ヶ月・半年・1年・3年といったサイクルがあるという説もありますが、入社後の3ヶ月は仕事が合わない、ついていけないと思いがちな時期でもあるのです。

 

 

3ヶ月で転職するのは良くないことなのか

 

一般的に考えるとたった数カ月程度で仕事に限らず何かを辞めてしまうことを良くないことだと考える風習があります。とくに仕事に関してはつらいのが当たり前で耐えることが美学のような古い考えがあるのも事実です。

 

ですが最近は鬱や自殺など深刻な問題に繋がることも多々あります。会社としてもメンタルの問題に対処しているところも増えてきている通り社会でも精神的な問題を認知してきています。

 

そんな中、古い考えの人たちは根性論で踏ん張るように活を入れる人もいますが、社会全般的には少なくなってきています。社会で起こりうる問題を会社側も認知しているので、すぐに転職をしてしまう新人がいることも分かっていますし、強く引き止めることも減っていきています。

 

なので、3ヶ月で会社を辞めたいという意見は、昔ほど辛辣ではなく仕方ないといった見方も増えてきています。もし悩んでいる人がいたら、「がんばれない自分」という風に考えずに、「仕事や人間関係で合わなかった」と前向きに考えるようにしましょう。

 

 

転職では前職を元に対策をしよう

 

転職先でも同じようにすぐに辞めるのは避けたいところです。ならば前職で辞めたい理由となった部分をしっかり抽出してみましょう。業務時間が長いということが辞めたい理由ならば、就業時間がきっちりしている仕事を探す必要があります。

 

新しい職場探しでは転職サービスを利用して、条件による絞込をしましょう。これをやるだけでも大きな改善につながります。転職のコツとしては評判のいい転職サービスにまずは登録することです。

 

良い職場が見つかってから登録するよりも、登録することで非公開案件が見られるところが大きなポイントです。登録は無料ですのでまずはプロフィールとこだわりをしっかり決めてから転職を進めることをはじめましょう。